お弟子さんにインタビュー 宮武さん

  • 20代女性
  • 武蔵小杉にお住まいで稽古場まで30分程
  • 仕事帰りの平日夜や土曜日と、ご自身の都合に合わせてお稽古にいらっしゃっています。

いけばなを始めたきっかけを教えてください。

学生時代、ゼミの先生が華道部の顧問をされていました。ある時、一人急にお休みすることになってお花が余っているのでやってみませんかとお誘いいただいたのがきっかけです。

当教室を選んだ理由を教えてください。

私は北海道出身で、学生時代は北海道でいけばなをしていました。就職して東京に住むようになり、教室を探していました。インターネットで検索していくつか候補を挙げた上で、北海道でお世話になった自分の先生に相談したところ、丁度両者の意見が一致したのが井上先生の教室でした。

いけばなのどんなところが面白いですか。

自分の気持ちが直接出るのが面白いですね。迷っているときは上手くいきません。最近は少しずつ自分の気持ちを作品で表現できるようになってきたのが楽しいです。それから、私はIT系の会社に勤めていてデジタルの世界にどっぷり漬かっているので、それとは対極にあるような生の命を扱う世界に触れられるのは自分にとってとても意味があると感じています。

当教室のよさはどんなところですか。

熱心な方ばかりで、刺激を受けています。私は学生時代もいけばなを習っていたので、この教室ではいけばな歴は長いほうです。しかし、自分よりいけばな歴が短い人でもハッとするような素敵は花を生けているのを見ると私ももっと頑張ろうと思います。習っている方も熱心ですが、先生のやる気がちょっと頭がおかしいんじゃないかというぐらいあっていいと思います。それから幅広い年齢や職業の方がいらっしゃるのも魅力です。社会人になると人間関係は仕事が中心になりますが、もし仕事しかしていなかったらまず会わないだろうというような方と仲良くなれたのは嬉しいです。色々な生き方があるのだなあと感心させられることが多くて、人生観が広がったように思います。

これからの目標を教えてください。

今年で中央研修学院の教養Aを修了します。「たちばな賞」をいただけるよう頑張ります。
※「池坊中央研修学院」とは本部が運営する池坊の最高教育機関です。全国から熱心な門弟が研鑽に集まります。各課程の修了時に成績優秀者へ「たちばな賞」が贈られます。

宮武さんの作品

生花新風体 パンジー、雪柳、赤柳
生花新風体
パンジー、雪柳、赤柳
自由花 縞ふとい、カラー、ヒューケラ
自由花
縞ふとい、カラー、ヒューケラ

投稿日:

カテゴリー: お弟子さんにインタビュー

タグ: 

 ブログトップへ