井上太市池坊いけばな教室

July, 2017

Month
いけばなの根源、池坊の紹介
いけばなには現在多くの流派がありますが、「井上太市池坊いけばな教室」で学ぶのは池坊です。実は池坊って今の日本のいけばなの根源なんです。知っていましたか? 池坊とは 現存する最古の流派です。500年以上の歴史があり、長い時間をかけて培った美観...
戦国武将といけばな
池坊の花は戦国武将たちにも愛好されていたようです。そのいくつかを紹介します。 最も有名なのは前田亭の大砂物の逸話です。秀吉が前田利家の邸宅を訪れた際に(このような貴人の訪問を御成(おなり)と言います)、池坊専好が四間床(幅約7.2mの床)に...
昔の長さの単位
いけばなを勉強していると「尺」とか「寸」とか古い単位によくぶつかりますよね。今はセンチ、メートルを使っていますが、古い単位も知っておくと便利です。 「明治立花は標準が総丈四~五尺」 「込藁の淵は花瓶口から五分下がり」 「四間床に飾られた大砂...
池坊専応口伝
芸に関する考え方や技術、約束事等を門弟に伝えるために書かれたものを「伝書」と言います。芸は口伝と言って師から弟子へ口伝えで継承されるのが一般的ですが、このように書物の形で残ることもあるのです。 いけばなにも様々な伝書が残っていますが、その中...
池坊の系図について
池坊というのは京都にある頂法寺というお寺(本堂の屋根が六角形をしているので六角堂という名で古くから親しまれています)のお坊さんの名前です。池のほとりに坊(僧侶の住居)があったため、池坊と呼ばれるようになったそうです。 六角堂は聖徳太子が如意...
一色物
立花(りっか)は基本的には多くの種類の植物を取り合わせて、それぞれが譲り合いながら調和して一つの世界を作り上げます。 その中で例外として一色物(いっしきもの)と呼ばれる立て方があります。ある特定の植物に焦点を当て、その植物を主にして立てる花...
いけばな年表
いけばなに関することを中心とした年表です。 宣化天皇3年(538) 仏教伝来 用明天皇2年(587) 聖徳太子により六角堂が建立される 推古天皇元年(593) 聖徳太子、摂政となる 天平勝宝四(752) 東大寺大仏開眼供養に蓮が用いられる ...
元号西暦対照表
元号と西暦の対照表です。いけばなを学んでいるとよく「寛永期の~」「元禄の~」というように当時の元号が出てきます。元号だけ聞いてもいつ頃の話なのかピンと来ないことが多いですよね。そんな時にこの表をお役立てください。 大化(たいか) 645~6...
井上太市池坊いけばな教室では、随時生徒を募集しています。初歩から丁寧にお教えします。楽しく一緒にいけばなを学びましょう。まずは短期の体験レッスンをぜひお試しください。