初夏の爽やかな立花

立花正風体 夏はぜ、梅花空木、燕子花、伊吹、柾、桧、若松、かなめ、撫子
立花正風体
夏はぜ、梅花空木、燕子花、伊吹、柾、桧、若松、かなめ、撫子

立花という様式です。いけばなでは、花びらのついたいわゆる「花」という感じのものは実はあまり数多くは使わないことも多いのです。この作品でも分量から言えば木々が多く、その中に花が点在しています。

自然の景観も、今の時期は新緑がとても美しいですね。様々な色の緑が配され、初夏の爽やかな雰囲気がよく表現できているのではないでしょうか。

投稿日:

カテゴリー: お弟子さんがお稽古でいけた花

タグ: 

 ブログトップへ