たおやかに

生花正風体 燕子花
生花正風体
燕子花

燕子花は四季に渡って咲きます。いけばなでは季節に応じていけ分けてその時期の雰囲気を表現します。初夏となり、花は葉よりも高く伸びるようになり、また葉も長く伸びて所々なびきます。燕子花らしい柔らかな雰囲気がよりはっきり感じられるようになります。

春から夏に移り行く感じがよく出ているのではないでしょうか。たおやかな優しい作品になりました。

投稿日:

カテゴリー: お弟子さんがお稽古でいけた花

タグ: ,

 ブログトップへ