正月を迎えるめでたい花

生花正風体 万年青
生花正風体
万年青

万年青はその真っ赤な実を見所とします。いけばなでは通常、実はお客様をお迎えする席やお祝いの席にはいけません。とっても美しいのになぜでしょう。実を結ぶということは、完成つまりそこで終わりという風に捉えることもできます。ですから、普段美しい実を賞して生けることは全く構わないのですが、特別な席には実は生けないことになっています。

ところが、万年青は実を賞するものでありながら、例外的にお祝いの席に良いとされています。その理由は万年青の性質にあります。多くの草花はその季節が終わると枯れてしまい、地上からは姿を消してしまいます。例えば今が盛りの水仙は、春になると全て枯れて次の冬まで全く消えて無くなります。ところが万年青は一旦出た葉は数年は枯れません。ですから、新しい葉が出てきても古い葉もまだ残っており、絶えることなく青々とした葉が続くことになります。これを強い生命力であったり子孫繁栄の象徴と見るわけです。そういう見方から万年青は大変にめでたいものとされて、実が見せ場でありながらお祝いの席に相応しいものとなっているのです。

当教室では毎年お正月をお迎えする花として万年青をお稽古します。「生花(しょうか)」という伝統的な様式ですが、万年青は少し特殊な生け方をします。年に一度しか稽古する機会がないので、なかなか覚えられないのですが、ここ数年稽古してきて、皆さん随分上達しました。もうそろそろ一人でも生けられるのではないかなあと思います。お稽古の成果が着実に出ていますね。