READ MORE

一足先にお花見

東京は満開までもう少しです。いけばなではもう満開、一足先にお花見です。

READ MORE

連翹は垂れもの

連翹は枝が大きく垂れることが特徴です。いけばなでは「垂れもの」に分類されます。1、2箇所垂れを見せるとより連翹らしさが出ます。花屋で売っているものはなかなか丁度いい具合に垂れている枝がないのですが、みなさん上手にいかせま […]

READ MORE

繰り返しの面白さ

同じものを繰り返す事である調子が生まれ面白さが出てきます。ブルビネラの美しい茎の動きと愛嬌のある顔の表情を繰り返した作品です。足元にも山吹の花の部分を抜き出し並べてあります。同系色で、色合いの少し違う黄色を合わせてありま […]

READ MORE

花木の季節

この季節になると花木と呼ばれる花の美しい木物が出回るようになります。花木は枝振りに味わいがあるものが多く、いけると楽しいものです。この山茱萸はゴツゴツした木肌と、荒々しく曲がった枝を生かして力強く元気にいけます。黄色い小 […]

READ MORE

春の色

春はなぜだか黄色い花が多いような気がします。明るい気分になる色ですね。黄色のラナンキュラスとガーベラを取り合わせて、楽しい気分の作品ができました。ラナンキュラスの奔放に伸びる茎の動きが命の弾みを感じさせてくれますね。

READ MORE

春の兆し

まだまだ寒い日が続きますが、お花屋さんの店先には春の花材が並び始めました。いけばなは季節を少し先取りします。春の兆しを感じさせる素敵な作品ができました。

READ MORE

荒ぶる梅

今週は梅強化週間です。みなさん梅をいけています。 梅は花木の中でも荒々しい感じがします。桃と対比させて、梅は男性らしく桃は女性らしくと言われるように、力強い感じにいけるといいでしょう。 一つ一つ枝ぶりが全く違いますので、 […]

READ MORE

お見舞いのいけばな

彼のお母様のお見舞いに持って行きたいと、持ち手のあるカゴを買ってきてそれに花をいけられました。贈る相手を思いながら花材を選んできて、自分なりに精一杯いけていました。その気持ちはきっと喜ばれると思います。お稽古ではないので […]

READ MORE

立て花

立花(りっか)という形式が成立する以前の「立て花」と呼ばれる花をやってみたいということで稽古しました。立花に比べるとまだ素朴で簡潔な構成です。大きさも小ぶりです。 初めてでなかなか感じが掴めなかったと思います。徐々に慣れ […]