井上太市池坊いけばな教室

教室ブログ

普段のお稽古の様子を中心に「井上太市池坊いけばな教室」に関する様々なことを掲載しています。

池坊専応口伝

芸に関する考え方や技術、約束事等を門弟に伝えるために書かれたものを「伝書」と言います。芸は口伝と言って師から弟 […]

続きを見る

池坊の系図について

池坊というのは京都にある頂法寺というお寺(本堂の屋根が六角形をしているので六角堂という名で古くから親しまれてい […]

続きを見る

折口信夫の見たいけばな

折口信夫という高名な民俗学者がいます。大正から昭和にかけて活躍した人だそうです。この人がいけばなについて書いた […]

続きを見る

一色物

立花(りっか)は基本的には多くの種類の植物を取り合わせて、それぞれが譲り合いながら調和して一つの世界を作り上げ […]

続きを見る

いけばな年表

いけばなに関することを中心とした年表です。 宣化天皇3年(538) 仏教伝来 用明天皇2年(587) 聖徳太子 […]

続きを見る

元号西暦対照表

元号と西暦の対照表です。いけばなを学んでいるとよく「寛永期の~」「元禄の~」というように当時の元号が出てきます […]

続きを見る

ラッパ水仙

ラッパ水仙

水仙ですが、日本水仙とは随分趣が違い華やかで可愛らしい感じがありますね。開花時期も日本水仙より遅く、春の花です […]

続きを見る

生花正風体 桃

生花正風体 桃

桃は丸く生けるのがコツです。桃らしい柔らかい雰囲気が出ましたね。

続きを見る

紫木蓮

紫木蓮

「しもくれん」と読みます。よく見かけるのは白の花木蓮ですが、いけばな、特に生花ではこの紫木蓮がよく使われます。 […]

続きを見る

都忘れ

都忘れ

可憐な花ですね。名前のせいもあってかどこか雅趣があります。立花では草留に、生花では根締めによく用いられます。

続きを見る

2 / 18123最後