READ MORE

初夏の爽やかな立花

立花という様式です。いけばなでは、花びらのついたいわゆる「花」という感じのものは実はあまり数多くは使わないことも多いのです。この作品でも分量から言えば木々が多く、その中に花が点在しています。 自然の景観も、今の時期は新緑 […]

READ MORE

課外授業

お弟子さん達と「ルドンー秘密の花園」展に行ってきました。 上達のためには何よりも稽古が一番で、稽古場でコツコツと花をいけるのが基礎になります。一方で篭らず外に出て色々なことを感じることもとても大切だと思います。 僕の好き […]

READ MORE

「いけばなの根源池坊展」東京花展のお知らせ

来月開催される「いけばなの根源池坊展」にお弟子さんが出瓶します。今日は一緒に花器になるものを探しに行きました。とても美しい器に出会えました。どんな作品になるか楽しですヾ(๑╹◡╹)ノ” お弟子さんの出瓶は5月 […]

READ MORE

移転のお祝い

1月に稽古場を移転しました。そのお祝いとしてお弟子さん達が椅子を贈ってくれました。簡潔で美しい椅子です。とっても気に入っていますヾ(๑╹◡╹)ノ”

生花新風体 チューリップアンスリウム、竹著莪、桜

READ MORE

第85回池坊東京連合支部いけばな池坊展

「第85回池坊東京連合支部いけばな池坊展」にお弟子さんが出瓶しています。明日まで展示しております。上野公園の桜も今が盛りです。ぜひ花見がてらお出かけください。 「第85回池坊東京連合支部いけばな池坊展」池坊東京連合支部花 […]

READ MORE

軽やか

小手鞠の葉を全て取り去り、線を強調して軽やかな雰囲気を狙いました。こもるように配されたチューリップに対して、作品全体に動きをつけています。チューリップの葉が、全体を引き締めながら、瑞々しさを与えています。使っている花材は […]

生花正風体 桃

READ MORE

桃比べ

桃はいけばなではよく梅と対比されます。桃は女性らしく、梅は男性らしく生けるとよいと言われます。これはそれぞれの特徴を捉えて生けなさいという意味です。桃は枝の分かれ目が丸みを帯びており、柔らかく優しい雰囲気です。それに対し […]

立花正風体 百合、オクロレウカ、菜の花、ウーリーブッシュ、ルスカス、手毬草、著莪、スイートピー、フクギ

READ MORE

初めての立花

池坊の一番古い様式が立花です。つまりいけばなの大本の形ですね。池坊を学んでいるからには一度は立ててみたい憧れの花です。 立花を習うには「会中入免許」が必要になります。「華掌」という職位になった際に下付されます。先日晴れて […]

生花正風体 桃

READ MORE

桃の節句

上巳の節句は少し過ぎましたが、桃の花を生けてもらいました。上巳の節句というとちょっと馴染みがないかもしれませんが、「雛祭り」や「桃の節句」というとピンとくるのではないでしょうか。古くからこの日は桃の花が飾られて来ました。 […]