井上太市池坊いけばな教室

学べる内容

井上太市池坊いけばな教室で学んでいただくのは「池坊いけばな」です。池坊というのは日本のいけばなの元祖です。つまり最も正統的ないけばなを学ぶことができます。

池坊の特徴は古典から現代的な花まで幅広くあることです。長い歴史を経て培われた美観をもとにして、今の感覚に合った花が楽しめます。

池坊の花は大きく3つの様式に分けられます。立花(りっか)、生花(しょうか)、自由花(じゆうか)の3つです。立花と生花は古典的な花で型があります。自由花はその名のとおり型がなく、自分で創作する花です。

古典立花 松、夏はぜ、鶏頭、枇杷、著莪、桧、伊吹、柘植、若松、うめもどき、小菊
立花
生花
生花
自由花
自由花

池坊やそのお花についての詳しい解説はこちらのコラムをご覧ください。
 いけばなの根源、池坊の紹介

お稽古は自由花から始めます。様々な種類の草木に触れながら、草木の見方や扱い方を学びます。何度も稽古を繰り返すうちに自然と草木の生かし方が身につきます。

ある程度稽古が進むと生花に入ります。生花というのは江戸時代の中期に成立した様式で250年程の歴史があります。非常に簡素で洗練された姿が特徴です。長い年月で磨かれた美感を学びます。

さらに稽古が進むと立花に挑戦します。立花とはいけばなの祖型で、500年程の歴史があります。複雑で豪華な構成が特徴です。池坊のいけばなを学ぶからにはぜひ取り組んでほしいものです。

最終的には立花、生花、自由花の3様式を並行して、それぞれの目的や技量に応じて稽古します。

一口にいけばなと言っても、飾る環境や目的によって様々です。日常的に自分の部屋に飾るお花、お客様をお迎えする際に飾るお花、店舗の装飾など人目に触れる場所に飾るお花、展覧会に出すお花、稽古のお花、ほかにも様々な場面があるでしょう。

当教室ではどのような状況にも対応できる基礎的な力をつけることを目指しつつ、お弟子さん一人一人の希望に応じてお稽古を進めます。

それから、僕は挨拶や準備、片付けもお稽古の大切な中身の一つだと考えています。お花だけ生けてさっと帰りたいという気持ちはよくわかりますが、良い花をいけるためにも心を整えてゆっくりと丁寧に取り組むことが肝要なのです。そいういったことも学んでいただきたいと思います。

免許状について

お稽古の進み具合に応じて、華道家元池坊の免許状を取得できます。免許状はそこまで稽古を続けたという達成の証であると同時に、新しい内容を学んでいいというお許しの意味合いがあります。

免許状の段階に応じて、伝書も下付されます。伝書とは昔から伝わっている生け花に関する様々な伝をまとめたものです。先人の知恵や美意識が詰まった伝書を基にお稽古することで、より深い内容を学ぶことができます。

免許状と伝書
免許状と伝書
井上太市池坊いけばな教室では、随時生徒を募集しています。初歩から丁寧にお教えします。楽しく一緒にいけばなを学びましょう。まずは短期の体験レッスンをぜひお試しください。