なるこらん

いけばな花材帳
なるこらん
なるこらん

「アマドコロ」という植物のことを園芸上では「なるこらん」と呼んでいるようです。いけばなでよく使われるのは、その中でも葉に白い模様の入った斑入りの品種です。 葉がしっかりとしており、水揚げもよく使いやすい花材です。

白い可愛らしい花を付けますが、花材として出回るのは花が終わった後の物が大半です。写真で見える茎についている髭のようなものは花が散った後の花柄です。いけばなで使う際はこの花柄は取り去った方が美しく見えます。

よく似た植物に「なるこゆり」があります。葉がなるこらんよりは細めで、笹の葉に近いような形をしています。なるこらんは茎を触ると角張った部分があるのに対して、なるこゆりの茎は丸いのも違いです。

ただし、花材としてはあまり厳密に区別されておらず、なるこゆりという名前でアマドコロが売られていることもあります。

Scroll Up