寒中に凛と咲く水仙

生花正風体 水仙
生花正風体
水仙

毎年この季節は水仙を稽古します。水仙は『七種伝』という伝の中の一つです。冬の代表的な花で、とても大切にされてきました。特殊な約束事が色々とあります。教えの通りいけると実に美しい姿が立ち上がります。先輩方が残してくれたものに脱帽です。たった二本で、少ないが故に緊張感のある雰囲気が出ます。冬の厳しい寒さの中、凛と立つ水仙から気高さを感じますね。

生花正風体 水仙
生花正風体
水仙

ほかの方の作品です。型がある生け方なので基本的には同じような形になります。しかし、同じ水仙でも全く同じものはなく一つ一つ葉の曲がり具合、太さなど微妙に違います。その姿をいかすことが肝要です。先の作品と雰囲気が少し違いますね。