READ MORE

秀作

令和元年度旧七夕会池坊全国華道展支部選出コンクールにてお弟子さんが秀作を頂きました。初挑戦で入選、すごい事です。よく頑張りました。8年間の稽古の成果が出ましたね。

READ MORE

すっかり日本に馴染んだ秋の花

日本の秋を代表する花となったコスモス。実は日本に入ってきたのは比較的最近で明治時代のことだそうです。日本の野山では新参者ですがすっかり馴染んでいますね。すらっとした茎が揺らぐように伸びる姿や薄い花弁が日本人の好みにぴたり […]

READ MORE

垂れるものを背の高い器に

植物は下から上に向かって伸びるものが多いです。しかし、中には垂れる姿のものもあります。垂れる姿をいかすには背の高い器にいけるといいでしょう。 ミスカンサスの動きが上手にいかされています。カラーも同調して垂れる姿に扱ったの […]

READ MORE

日本橋三越一階の装花を担当

日本橋三越の一階の装花を担当させていただきました。 隈研吾さんデザインの内装は「白く輝く森」という題がついています。そこに調和する様な作品を意図しました。 https://www.mitsukoshi.mistore.j […]

READ MORE

『ざ・いけのぼう』2019年4月号

『ざ・いけのぼう』2019年4月号のpp.14-15「自由花レシピ帖」のコーナーを担当させていただきました。松田聖子さんの歌でお馴染みの赤いスイートピーを使っています。

READ MORE

繰り返しの面白さ

同じものを繰り返す事である調子が生まれ面白さが出てきます。ブルビネラの美しい茎の動きと愛嬌のある顔の表情を繰り返した作品です。足元にも山吹の花の部分を抜き出し並べてあります。同系色で、色合いの少し違う黄色を合わせてありま […]

READ MORE

春の色

春はなぜだか黄色い花が多いような気がします。明るい気分になる色ですね。黄色のラナンキュラスとガーベラを取り合わせて、楽しい気分の作品ができました。ラナンキュラスの奔放に伸びる茎の動きが命の弾みを感じさせてくれますね。

READ MORE

春の兆し

まだまだ寒い日が続きますが、お花屋さんの店先には春の花材が並び始めました。いけばなは季節を少し先取りします。春の兆しを感じさせる素敵な作品ができました。