稽古場より 2021年1月

教室の様子など

年が明けたと思ったらもう1月経ちました。あっという間です。再び緊急事態宣言が発令され、不穏な世の中ですが、僕らは相変わらず日々花をいけています。

稽古の花

お弟子さんが稽古でいけた花を紹介します。

立花正風体
水仙、小菊、しゃが
立花正風体
水仙、小菊、しゃが

『立華十九ヶ條』の内の1つ、水仙一色です。この冬3度目です。ずいぶん慣れてきて、手早く美しく立てらるようになりました。

自由花
スイートピー、ソリダコ、ピンポン菊、ルスカス、梅

スイートピーを並べて、軽快な雰囲気を作り出しています。それに同調するようにソリダコを扱ったのも上手くいきました。春のうきうきした気分を感じさせてくれる作品ですね。まだまだ寒いですが、少し季節を先取りです。

生花正風体
梅
生花正風体

梅の力強い感じがよく出ています。とても美しく入りました。

自由花
小手毬、カラー、ルスカス
自由花
小手毬、カラー、ルスカス

小手毬のなびく姿を上手にいかせました。抛げ入れる手法で、剣山を使っていません。自宅などに飾る場合にはこのような手法の方がよく使うかもしれませんね。

立花新風体
トルコ桔梗、水仙、アネモネ、オキシペタラム、手毬草、ヒペリカム、ゴッド、雪柳、ゴムの葉
立花新風体
トルコ桔梗、水仙、アネモネ、オキシペタラム、手毬草、ヒペリカム、ゴッド、雪柳、ゴムの葉

トルコ桔梗がなんとも言えない表情で入っていますね。この表情を見つけるのにずいぶん悪戦苦闘されていました。花とじっくり向き合って、よさを見つけることが大切です。

誕生日

僕は1月生まれです。誕生日に稽古に来たお弟子さんがケーキを持ってきてくれました。嬉か~。

Scroll Up