稽古場より 2021年2月

教室の様子など

ようやく暖かい日がちらほらと出てきて、もうすぐ春がやってきますね。僕は寒いのが苦手なので春が本当に待ち遠しいです。春の気配をそこかしこに感じられて、気分が上がってきました。

稽古の花

お弟子さんが稽古でいけた花を紹介します。

立花新風体
ばら、雪柳、アネモネ、水仙、ルスカス、たましだ、オキシペタラム、黒ゴム
立花新風体
ばら、雪柳、アネモネ、水仙、ルスカス、たましだ、オキシペタラム、黒ゴム

立花(りっか)という様式の中でも、新風体と言って型のないいけ方です。作者が自分で形を決めるので、面白くもあり、難しいとも言えます。ばらの姿はすぐに決まったのですが、それに何をどう合わせるのかを随分悩まれていました。雪柳を伸びやかに大きく使うことにして、ばっちり決まりました。

生花正風体
山茱萸
生花正風体
山茱萸

春黄金花の別名もある山茱萸(さんしゅゆ)の生花です。枝振りを上手に捉えて、美しい形にまとまりました。

自由花
シクラメン、紫陽花、梅
自由花
シクラメン、紫陽花、梅

葉の陰からぴょんと飛び出したシクラメンが可愛らしいですね。春の気配に誘われてそっと顔を出したかのようです。持参されたタイルを下に敷いて舞台を作っています。こんな花がさりげなく家に飾ってあるとお洒落ですね。

自由花
水仙、リューココリネ、グラスペディア
自由花
水仙、リューココリネ、グラスペディア

水仙の葉を並べることで、その美しさが印象的に迫ってきます。そこに1本のリューココリネが水仙の葉の動きと同調するように配されています。伸びやかな動きの中で、下に1枚だけ短く入れた葉とグラスペディアが作品に変化を与えています。

生花正風体
桃
生花正風体

間も無く桃の節句です。桃らしく可愛らしく入っていますね。

モンキー・オーキッド

先日京都での修行の際に、植物園へ行ってきました。そこに猿の顔をした「モンキーオーキッド」がありました。本当に猿に見えますね。

Scroll Up