READ MORE

燕子花一色

『立華十九ヶ條』の内の一つ、燕子花一色を稽古しました。姿形や性質の異なる様々な種類の植物を取り合わせ、それらが調和するのが立花の特徴です。しかし、特殊な立て方として七つの一色物が伝わっています。燕子花一色はその中の一つで […]

『ざ・いけのぼう』2019年1月号

READ MORE

『ざ・いけのぼう』2019年1月号

『ざ・いけのぼう』2019年1月号のpp.28-29「ステップアップ立花」コーナーを担当させていただきました。編集部の方が文章を書いてくださいます。僕の意図を上手にまとめてくださっています。

立花正風体 アガパンツス、オクロレウカ、リアトリス、夏はぜ、ひおうぎ、玉しだ、撫子、松、クロトン、縞ふとい

READ MORE

『ざ・いけのぼう』2018年7月号

池坊が発行している雑誌『ざ・いけのぼう』というものがあります。いけばなを学んでいる方向けに、様々な角度からいけばなに関する知識や参考になるアイデアを紹介する雑誌です。僕もいけばなを始めたばかりの頃から19年間、毎月欠かさ […]

READ MORE

初めての立花

池坊の一番古い様式が立花です。つまりいけばなの大本の形ですね。池坊を学んでいるからには一度は立ててみたい憧れの花です。 立花を習うには「会中入免許」が必要になります。「華掌」という職位になった際に下付されます。先日晴れて […]

立花正風体 紫陽花、パンジー、オクロレウカ、トルコ桔梗、ドラセナ、ユーカリ、ヒペリカム、撫子、若松、等

READ MORE

今の立花

立花正風体という、伝統的な型のある様式を稽古してもらいました。立花というのは500年以上の歴史があります。長い年月をかけて、一つの完成形として型ができ、受け継がれてきました。音楽でいうとクラシックに当たります。 立花は古 […]

立花正風体 水仙、寒菊、著莪

READ MORE

稽古納め

今年最後のお稽古でした。水仙一色という伝統的な生け方に挑戦してもらいました。朝10:00に始まって、なんと終わったのは23:30!(◎_◎;)危うく年が明けるところでした。熱心に取り組んでくださるお弟子さんがいて、ありが […]