花展

秀作

令和元年度旧七夕会池坊全国華道展支部選出コンクールにてお弟子さんが秀作を頂きました。初挑戦で入選、すごい事です。よく頑張りました。8年間の稽古の成果が出ましたね。

お弟子さんが稽古でいけた花

すっかり日本に馴染んだ秋の花

日本の秋を代表する花となったコスモス。実は日本に入ってきたのは比較的最近で明治時代のことだそうです。日本の野山では新参者ですがすっかり馴染んでいますね。すらっとした茎が揺らぐように伸びる姿や薄い花弁が日本人の好みにぴたり …

お弟子さんが稽古でいけた花

藤袴は秋の七草の1つ

藤袴を生花という伝統的な形にいけてもらいました。楚々とした雰囲気で素敵ですね。 藤袴は秋の七草の1つです。秋の七草は万葉集にある山上憶良さんの歌に由来します。はるか昔から日本人に愛されてきたのですね。 秋の野に咲きたる花 …

お弟子さんが稽古でいけた花

ぴんと張りつめたような

ぴんと張りつめたような雰囲気の花です。格好いいですね。

お弟子さんが稽古でいけた花

基本が大切

江戸時代に生まれた生花(しょうか)という様式です。赤芽柳で生花の線を勉強します。生花の基本となる大切な稽古です。 いけばなを始めて1年ほど、生花はまだ5回目の方ですが、よく頑張りました。熱心に稽古しているので上達も早いで …

お弟子さんが稽古でいけた花

秋の気配

女郎花の姿を上手に捉えました。とっても素敵に入りました。腕を上げましたねヾ(๑╹◡╹)ノ” 僕の大好きな夏が終わろうとしています。秋はもうそこまで来ています。