スターチス

READ MORE

スターチス

正式にはリモニウム属で、スターチスというのは旧属名だそうです。一口にリモニウムと言っても多くの種類があり、写真の花はリモニウム・シヌアツムと言い、花が量感があり塊でつきます。この種類を特にスターチスと呼んでいます。 黄色 […]

READ MORE

オクロレウカ

アヤメ科の植物で、燕子花などの仲間です。紫や黄色の花をつけますが、一般には葉だけが流通しています。細くすっきりとした線が好まれ、いけばなではよく使われます。年中あり、持ちがいいというのも重宝される理由でしょう。扱い方は燕 […]

READ MORE

モンステラ

切れ込みのある葉が印象的です。一般的なお花屋さんでもよく見かけ、比較的に手に入りやすいです。葉が大きく形も特徴的なので、それだけ主張が強く扱うのが難しいとも言えます。 モンステラを使ったいけばな

READ MORE

ウーリーブッシュ

やや灰色がかった、マットな質感の緑が特徴的です。もこもことした姿が愛らしいですね いけばなでは立花という様式の「胴」という部分によく使います。年中で回っていて、長持ちするのでとても重宝します。 ウーリーブッシュを使ったい […]

READ MORE

カーネーション

ナデシコ科の植物です。母の日でおなじみですね。年中出回っており、安価で使い勝手のいい花材です。様々な色で楽しませてくれます。

東海桜

READ MORE

日本人が大好きな桜です。いけばなの世界でも愛されていて、特別に大切にされています。立花、生花という伝統的ないけ方のどちらも伝花とされ、特別な扱いが伝えられています。立花では『立華十九ヶ條』の中に「桜一色の事」、生花では『 […]

立花

READ MORE

いけばなの根源、池坊の紹介

いけばなには現在多くの流派がありますが、「井上太市池坊いけばな教室」で学ぶのは池坊です。実は池坊って今の日本のいけばなの根源なんです。知っていましたか? 池坊とは 現存する最古の流派です。500年以上の歴史があり、長い時 […]

READ MORE

折口信夫の見たいけばな

折口信夫という高名な民俗学者がいます。大正から昭和にかけて活躍した人だそうです。この人がいけばなについて書いたものがあります。昭和26年に発表されたものです。 その中で氏は主に二つの事を言っています。 一つ目は、もともと […]

READ MORE

パンジー

スミレ科の可愛らしいお花です。花壇に植わっているのをよく見かけますね。色とりどりの花が春の気分を盛り上げ、目を楽しませてくれます。切り花用の丈の長いものもあり、いけばなでも使えます。 小輪で花数が多いものを「ビオラ」と呼 […]