READ MORE

池坊専応口伝

芸に関する考え方や技術、約束事等を門弟に伝えるために書かれたものを「伝書」と言います。芸は口伝と言って師から弟子へ口伝えで継承されるのが一般的ですが、このように書物の形で残ることもあるのです。 いけばなにも様々な伝書が残 […]

READ MORE

池坊の系図について

池坊というのは京都にある頂法寺というお寺(本堂の屋根が六角形をしているので六角堂という名で古くから親しまれています)のお坊さんの名前です。池のほとりに坊(僧侶の住居)があったため、池坊と呼ばれるようになったそうです。 六 […]

水仙一色

READ MORE

一色物

立花(りっか)は基本的には多くの種類の植物を取り合わせて、それぞれが譲り合いながら調和して一つの世界を作り上げます。 その中で例外として一色物(いっしきもの)と呼ばれる立て方があります。ある特定の植物に焦点を当て、その植 […]

READ MORE

いけばな年表

いけばなに関することを中心とした年表です。 宣化天皇3年(538) 仏教伝来 用明天皇2年(587) 聖徳太子により六角堂が建立される 推古天皇元年(593) 聖徳太子、摂政となる 天平勝宝四(752) 東大寺大仏開眼供 […]

READ MORE

元号西暦対照表

元号と西暦の対照表です。いけばなを学んでいるとよく「寛永期の~」「元禄の~」というように当時の元号が出てきます。元号だけ聞いてもいつ頃の話なのかピンと来ないことが多いですよね。そんな時にこの表をお役立てください。 大化( […]

READ MORE

カラー

サトイモ科の植物です。くるりと巻いた花のような部分は「仏炎苞」と言います。苞も美しいですが、すっと伸びる茎の姿も綺麗ですね。 湿地性のものと畑地性のものがあります。湿地性のものはオランダカイウと呼ばれ、白く苞が大きいのが […]

スターチス

READ MORE

スターチス

正式にはリモニウム属で、スターチスというのは旧属名だそうです。一口にリモニウムと言っても多くの種類があり、写真の花はリモニウム・シヌアツムと言い、花が量感があり塊でつきます。この種類を特にスターチスと呼んでいます。 黄色 […]

READ MORE

オクロレウカ

アヤメ科の植物で、燕子花などの仲間です。紫や黄色の花をつけますが、一般には葉だけが流通しています。細くすっきりとした線が好まれ、いけばなではよく使われます。年中あり、持ちがいいというのも重宝される理由でしょう。扱い方は燕 […]

READ MORE

モンステラ

切れ込みのある葉が印象的です。一般的なお花屋さんでもよく見かけ、比較的に手に入りやすいです。葉が大きく形も特徴的なので、それだけ主張が強く扱うのが難しいとも言えます。 モンステラを使ったいけばな